福島県社会福祉協議会

県民の皆様 福祉関係者の皆様 福祉の職場・資格取得を目指す皆様 福島県社会福祉協議会
県民の皆様 > 生活支援・地域福祉活動の案内 - あんしんサポート(日常生活自立支援事業)のご案内

B) 愛称:あんしんサポート(事業名:日常生活自立支援事業)のご案内

 

あんしんサポート(日常生活自立支援事業)とは…

認知症高齢者・障がいのある方などを対象として、福祉サービスの利用や生活に必要なお金の出し入れ等を公的な制度でお手伝いする事業です。

 

 

1.利用対象者

認知症高齢者、知的・精神障がい者など判断能力が不十分な方。
※認知症の診断の有無、障がい者手帳の有無は問いません。
※施設や病院に入所、入院している方でも利用できます。

 

この事業はご本人と契約を結んで利用していただく制度です。そのため、契約内容が理解できないほど判断能力が低下されている場合は、この事業を利用することが難しくなります。
その場合、「成年後見制度」の利用など、ご本人にふさわしい援助につなぐ助言をします。
(判断能力については、専門員が「契約締結ガイドライン」に基づき、ご本人に質問をして判断します)

2.主なサービスの内容

福祉サービスの利用援助
●福祉サービスに関する情報提供をします。
●福祉サービスを利用または利用をやめるために必要な手続きをします。
●福祉サービスの利用料を支払う手続きをします。
●福祉サービスの苦情解決制度を利用する手続きを援助します。

【できないこと】
施設等の入所契約、治療・入院に関する契約、介護、看護、買い物、掃除 等

 

日常的金銭管理サービス
●銀行などに行って、日常生活に必要なお金の出し入れを支援します。
●医療費や公共料金、家賃などの支払い、口座引き落としの手続きをします。
●日用品の代金を支払う手続きをします。

【できないこと】
不動産や預貯金の資産運用 等

 

書類等の預かりサービス
預金通帳や印鑑など大切な書類をお預かりし、貸金庫など安全な場所で保管します。
※例/年金証書、保険証書、その他社会福祉協議会が適当と認めた書類等

【お預かりできない物】
貴金属、骨董品、有価証券、書画、宝石、現金 等

3.サービスの流れ

1.相談の受付

お近くの社会福祉協議会へご相談ください。

2.訪問・関係者との調整

社会福祉協議会の職員が訪問し、お困りごとなど伺います。また、ご家族、その他福祉サービス事業所、金融機関、関係者との調整をします。

3.支援計画の作成

ご本人と社会福祉協議会が一緒に考えて、具体的なサービスの計画を作ります。

4.契約

支援計画の内容にもとづき、ご本人と社会福祉協議会との間で利用契約を結びます。

5.サービス開始

生活支援員が支援計画に沿ってご本人を訪問し、サービスを行います。

6.定期的な支援計画の見直し

定期的に支援計画の内容を見直し、変更が必要な場合はご本人と相談して支援計画を変更します。

7.終了

ご本人から申し出があったとき、ご本人が亡くなったとき。

判断能力の低下や生活状況の変化により、契約の継続が困難になったとき。

4.利用料

●相談から契約までは無料です。
●契約後、サービスが開始してからは1回1時間あたり1,200円の利用料がかかります。
(1時間を越えると30分ごとに400円加算されます)
※この他、生活支援員の交通費がかかります。
●貸金庫を利用する場合、実費をいただきます。
●生活保護を受けている方は無料です。
●月1~2回のご利用が多いので、1ヶ月あたり1,200円~2,400円程度の負担が平均的な月額利用料となっています。

5.安心してご利用いただくための機関

契約締結審査会
申込をされた方、ご利用中の方の判断能力や支援内容について、疑義が生じた場合、医師・弁護士・司法書士・社会福祉士・精神保健福祉士等の専門家から構成されている契約締結審査会が審査します。

 

運営適正化委員会
安心してご利用いただけるよう、当事者団体や家族の会の方々、福祉医療の学識経験者等から構成される第3者機関である「運営適正化委員会・運営監視部会」が事業全体の運営を監視します。また、ご利用になっている方からの苦情の受け付けもしています。
●福島県運営適正化委員会/電話・FAX 024-523-2943

6.ご相談・お問合せ

ご相談・お問合せはお近くの社会福祉協議会まで

●ご相談お問合せ時間
月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く):午前9時~午後5時まで

 

■あんしんサポート(日常生活自立支援事業)についてのパンフレットは下記PDFをご覧ください。

・あんしんサポート(日常生活自立支援事業)パンフレットpdf(1.8 MB)